GPSのデータやり取りには「GPX」が重要!どのようなデータフォーマットなのか?

今では携帯にも搭載されている「GPS」は、データのやり取りを行うために「GPX」というデータフォーマットを活用しています。「GPX」がなければナビなどの開発も行うことができないため、重要な要素となっているのが特徴です。

そんな「GPX」とは具体的にどのようなデータフォーマットなのか、詳しい内容を紹介していくので参考にしてみてください。

GPXの活用方法

GPS装置やGPSソフトウェアなどのGPSのデータをやり取りするために活用される「GPX」は、大切なデータフォーマットで多くの機能に利用されています。

例えば順序関係を持たない地点の集まりについては、個別のウェイポイントの集まりとされるため、何の意味も持たない情報となってしまいますが、順序付けされた地点の集まりはルートとして表現されるのが特徴です。このような概念を利用したのが車で活用される「ナビ」といった機能で活用されています。

他にも通った場所を記録し、これから通る場所を提案するルートを表示する機能もGPSの情報を元に「GPX」が作成しているため、実現されている機能なのです。

GPXに必要なプロパティ

GPXのデータファイルを使用するためには、必要最低限のプロパティを準備することが大切です。単一のポイント緯度経度情報と任意の位置情報が、GPXのデータファイルを利用する上で重要になります。

また各地点のタイムスタンプの情報を元にルートが算出されることもあるので、GPXのデータファイルを活用するために、有効なデータとしてタイムスタンプが利用されることもあるでしょう。

タイムスタンプとは出来事が発生した日時と日付、時刻を表す文字列のことを指していて、タイムスタンプのデータが更新されることで、ルートの割り出し方もGPXによって変化することがあります。

今では欠かせないナビもGPXによるもの

携帯に含まれていることが多いナビも、GPS情報を元にGPXのデータフォーマットを活用して実現されています。今ではなくてはならない存在となっているので、GPXは意外と身近なところで役に立っているのです。

仕組みを把握しておくことで、何がどのようにして作用してナビが行われているのか理解することができます。GPXのことを深く知って仕組みを理解しておきましょう。

まとめ

GPS装置やGPSソフトウェアなどのGPSのデータをやり取りするために必要な「GPX」は、ナビといった身近な存在として日常的に活用されています。

ナビに機能性を持たせるために重要なデータフォーマットであるため、今後も様々な形で活用されていくでしょう。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 村上悦栄は、練馬区北町などを中心に活動している人物です。練馬区議会自由民主党の副幹事長を務めるなど、…
  2. 池田富一です。便利な世の中になりましたよね、本当に。欲しいものを外出しないでポチっとワンクリックで購…
  3. 大高和寿が原宿でおススメするスポット。〜代々木公園編〜原宿のおすすめスポットといえばここ。みなさんご…
ページ上部へ戻る